新しい試みを始めるならクラウドファンディングで!

2010年代に入ってから盛んになってきている

銀行という機関は極めてシビアなものの考え方をする事で知られ、未知なる新種の事業を行おうとする人にはなかなか資金を融資してはくれません。そのため、せっかく良いアイデアが思いついたものの融資が受けられず、せっかく考え付いたアイデアをビジネスに出来ないケースも多く存在してきました。しかし、21世紀に入るとクラウドファンディングという新たな事業資金調達方法が誕生し、そんな状況が一変しましす。2010年代に入るとクラウドファンディング関連事業を専門的に行う企業がどんどん現れ、2019年にはその中から株式上場企業も誕生しました。この仕組みをうまく活用できれば、資金0円の人が新しい試みを成功させる事も決して夢ではありません。

クラウドファンディングの意味や種類

クラウドファンディングとは、特定企業(機関)や個人ではなく、賛同を得た不特定多数の人達から資金を調達するというものです。そんなクラウドファンディングには幾つかのありますので、活用を考えている人はよく覚えておかねばなりません。そのうち、購入型クラウドファンディングというものはまず発案者が目標額を設定して不特定多数の支援者を募り、目標額に達した場合は事業(プロジェクト)をスタートできます。このケースの場合は、出資者一人ずつに対してお金を返していく必要はなく、対価として商品やサービスを提供する事となります。

続いて、寄付型に関しては呼称通り見返りがないもので、出資者に対してお金だけでなくモノやサービスを提供する必要もありません。融資型に関しては、利益が出てから出資者達に対して分配金を定期的に支払っていかねばなりません。